header-logo

React による開発

- React によるアプリケーション開発 -

React とは

Reactとは、Facebook社が開発したWebアプリケーションのフレームワーク(プログラムの部品)です。

これまでは、2006年にGoogleによって開発されたjQueryというフレームワークが人気でしたが、スマートフォンの登場により単純なjQuery では対応が厳しくなっておりその座をReactに譲り渡そうとしています。

Reactは誰でも自由に無料で利用することができ、世界の開発者コミュニティにより日夜メンテナンされている現在世界で最も人気のWebのフロントエンドフレームワークの一つです。

なぜReactが必要になったか

jQueryなど既存のフレーワークでは、表示されているページの個々の部品をバラバラに修正していました。

一人で開発ができた昔はこれでも良かったのですが、近年Webページの様にインタラクティブかつ多機能なWebサイトを構築しようとすると、個々の部品感の制御が出来なくなり、開発が継続できなくなります。

一方、Reactでは、個々の部品は、データの状態から一意に部品の振る舞いが決定する様になっており、開発規模や開発者数が多くなっても破綻しない様に設計されています。

その他Reactのメリット

SPAを使って通信環境の悪い環境でも、反応の良いアプリケーションの体験を提供することができる

SPA(Single Page Application シングルページアプリケーション)とは、単一のページだけで構成されたWebアプリケーションです。

プログラムで、ページ切り替えを制御する事で疑似的にページ遷移を表現しています。

SPAではない従来のWebシステムでは、ページ切り替えのタイミングで、通信が発生していました。そのため、貧弱な外出先でのスマートフォン利用などので、クリックしてもなかなか画面が切り替わらないなどの問題が発生していました。

一方SPAでは、ページの切替自体では通信が発生しません。

株式会社エムケイシステムのホームページはSPAです。

PWA(Progressive Web Apps プログレッシブ ウェブ アプリ)

スマートフォンアプリの様にインターネット未接続環境でも動作するアプリを作りたいが、スマートフォンアプリは更新や、配布が大変で導入をお見送りされていませんか?

そんなときにはPWA(Progressive Web Apps プログレッシブ ウェブ アプリ)が有効です

Reactの技術を土台にする事でPWA(Progressive Web Apps プログレッシブ ウェブ アプリ)に発展することができます。

SPAで発生する1回目の通信を省略することで、完全に通信ができない環境でも動作するWebページを構築することができます。

これによって、見た目にはネイティブのスマートフォンアプリと変わらない様な体験をユーザーに提供することができます。

代表的なPWAはGoogle スプレッドシートなどがあります。

Google スプレッドシートはインターネット未接続環境でも作業することができます。

サーバーレスでの構築が可能

Webアプリケーションを業者に依頼したが、保守費用が高くてお困りではありませんか?

サーバーレスに変更することで、サーバー更新ほぼ自動で行われるため、保守コストを削減することができます。

iOS/Androidのアプリケーションにも対応可能/外部のシステムからAPIとして連結が可能/マイクロサービス化

SPAで作ったプログラムのバックエンドはそのまま、スマホアプリのサーバーとして利用が可能です。

そのためソフトウェア資産としての価値がこれまでのWebアプリケーションよりも高いです。

MKシステムの実績

エムケイシステムでは、Rectのアプリケーションを2017年から本番投入させていただいており数々の実績がございます。

まずはぜひご相談ください。

CONTACT

- お問い合わせ -

電話または以下のフォームより受け付けております。

Phone

052-211-3376

Copyright © 2005 - 2021 MKSC All rights reserved.